タマボール大作戦

映画・マンガ・小説・GAME・音楽・日常なんでも勝手に評論してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「COJICOJI」

コジコジ

さくらももこの漫画。「コジコジ」。
「ちびまるこちゃん」がりぼん連載の当初から、さくらももこが好きだ。当時、小学生だっただろうか、りぼんに「ちびまるこちゃん」が掲載されたのは…。なんだ、このゆる~い、おバカな漫画はっ!?多分、こんなのが、第一印象。
その「ちびまるこちゃん」より、ゆるくて、おバカすぎる漫画が「COJI COJI」。主人公のコジコジは、メルヘンの国に住んでいて、宇宙の子である。メルヘンの国では、一応、学校に通ってて、魔法とかを勉強している。普段の学校生活では、おバカで適当な感じなんだけれど、意外にクラスメイトが知らないところでいいヤツだったりする。いいヤツというか、思うがままというか、勝手きままというか、それが純粋だったり(微妙に純粋ではないが…。)、正直なんだろうか?でも、そんなところにちょっと、哲学を感じたりもする。でも、全体には、ゆるゆる。例えば、やかんくんという男の子がいる。彼は、頭がやかんで、胴体が人間とういう「やかん人間」とういう部族(?)らしい。彼は恋するペロちゃんを見たり、話をしたりすると沸騰してしまう。そして、お茶ができる…。(やかんなので)でも、彼はそんな自分の特性が、恥ずかしく悩みのタネだったりする。というような、話が延々と続く。ほのぼのミラクルワールドである。
同じく、さくらももこの漫画で「神のちから」というのがある。作者の意図はわかないが、そんなメルヘンの国の住人が「神ののちから」の中で、ちゃんと活躍(迷惑?)しているのだ。メルヘンの国の人たちは、日々、人間界で立派なキャラクターとして活躍できるようがんばっているので、「あ~、報われてよかったね。」と思ってしまう。
私は、好きな漫画をよく読み返す。このコジコジもそうだが、この前、急にちびまるこちゃんが読みたくなって、実家から、全巻持ってきた。でも、私が全巻だと思っていただけで、最新刊が出ていたのだ。(大分前だけど…。)なので、急いで本屋に買いに行った。が、その帰り、会社の元同僚に会ってしまい、「何買ってきたの?」と聞かれ、返答するのがちょっと恥ずかしかった。超ラフな格好にノーメイクで、漫画の本1冊だけ持っているんだから。それを言うなら、本屋で十分怪しいのだが…。でも、その彼女も、昔はりぼんを愛読していたお仲間で、さくらももこ好きだったので、ちびまるこちゃん談義に花が咲いた。彼女は、前に書いた「動物のお医者さん」も好きで、私と漫画の好みが合う。さくらももこにしろ、佐々木倫子にしろ、微妙なスローテンポのところが好きなんだと思う。
うまく言葉では言えくて、もどかしいが、読んだら分かる脱力感。とにかく、「COJI COJI」は、ゆるゆる、ほのぼのできる大好きな漫画の1つである。
2005/5/31 スパイラル
スポンサーサイト
  1. 2005/05/31(火) 21:52:04|
  2. makikoro_books
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。