FC2ブログ

タマボール大作戦

映画・マンガ・小説・GAME・音楽・日常なんでも勝手に評論してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「愛すべき娘たち」よしながふみ

愛すべき

映画が好きで、マンガが好きで、ゲームが好きで、小説が好き。…何から書こう…。好きなものが多すぎてこれが一番ってのがないのです。思いをめぐらしまして…。これといって事件は何も起こらないんだけど読み終わった後に「ぎゅっ!」としたくなる本のなかに「愛すべき娘たち」というマンガがあります。
その中の一話、すごく容姿も心もきれいな女性の話が印象的でした。あらすじ書いちゃいそうなんでがっつりはぶきますが、すご~くすご~く理想の人が現れて彼も彼女のことが好きなんだけど彼女は苦しいのです。なんで?ん~つらいなぁ~。彼女は恋愛感情をもてない人でした。ん?少し違いました。彼女にとっては分け隔てなく人に接することが自然だったのです。そぉね~、恋愛とか好きって感情自体が分け隔てなのねぇ~。結局彼女、すがすがしい笑顔でもって若くして修道院に入っちゃうんです。

高校3年間をカトリックの学校で過ごしたわたくしは、若いシスターを見るたびすごく不思議でした。夜遊びとかお酒とかカラオケとか俗世間様の遊びが大好きな高校生には、なんとも理解できない感情がそこにはあるのだろうと思っておりましたが、このお話を読んで彼女たちの中にもこのマンガの女性のような気持ちでもって修道女になった人がいたのかしら?とすこぉ~しばかりわかったような気になったのでした。他の話もすごくすてきで、たまに手にとって読んでは「じわぁ~ん」と余韻にひたっております。
2005/1/29 ichiko
スポンサーサイト
  1. 2005/01/29(土) 21:48:41|
  2. miwanko_books
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。