タマボール大作戦

映画・マンガ・小説・GAME・音楽・日常なんでも勝手に評論してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「onちゃん夢パワー大冒険!」

onちゃん




※注)ネタばれしてます

ぬるいアニメだ。いや、ゆるいかな。どっちゃでもいいわい。「水曜どうでしょう」の北海道テレビのキャラクター“onちゃん”。どうでしょうで安ケンが 着ているアレ、丸描いてチョン的な黄色の生物。目はローマ字小文字のoとn。他にnoちゃんとかいる。そんなキャラがうようよいる。それをアニメにする ならファンタジー色強いものかと思いきや、人間からめてスケールのちっさ~い作品になってます。また、その人間たちが魅力のない絵でねえ。一昔前の絵で すわ。映画冒頭に大泉・ミスター自身のアニメキャラが出てきますが、鬼のように似てない。ミスターなんか地獄のように似ていない。ここでまず観る気をな くす。親父の都合で東京から北海道に引っ越しする事になった。さあ大変。ボクは納得なんてしてないぞ。だって、好きな友達ともお別れ、サッカーのレギュラーにもなれたのに…。クソ親父めが!そこにパレード星とかいう得体の知れん星から、なぜかやってきて、どこでもドア的なマシンで札幌行きの飛行機を通過。そう、時空が違うから中身を通過する。その時にその兄妹を道連れ。北海道の端に墜落。そこからロードムービーよろしく、すっちゃかめっちゃかで札幌まで進んで行く。ハズ。ところが、ほとんど痴話げんかで進み、途中のやさしいババアとか、どうでしょうのマークつけているトラックのやさしいねえちゃんも、ただ単にやさしいだけで、これといった手助けはしない。ラストで感動の再会!もない。onちゃん役の篠原ともえもがんばりすぎで浮いている。いいアニメだったら良かったのにね。まわりがグズグズのおかげで浮いちまったぞ。noちゃん役の竹中直人はマイペースで良かったが、これで1点はあげられない。onちゃんらのペットで、ぐち:鈴井貴之、キャタゴン:大泉洋で出演している。ほとんど何も言わないというネタで出ているが、ネタにもな~んにもならん程度でくだらん。北海道テレビ、調子狂ったか?見終わった後、北海道バンザイ的な雰囲気バリバリなんで気色悪いぞ。北海道好きのオレもドン引きだぜ。それでラストはなんか再会して、なんかまとまって、なんか感動風で終わる。その間、どれだけ聞かされた事か、「夢パワー」を。みんなにも夢見るチカラ、夢パワーがあるんだよ!って。ぼくにも夢パワーがあるんだ!って。オレにもあるんか!夢パワー!


「ドリームぢから」じゃダメか?         ボスヒコ
スポンサーサイト
  1. 2005/04/20(水) 21:45:17|
  2. bosshiko_DVD
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。