タマボール大作戦

映画・マンガ・小説・GAME・音楽・日常なんでも勝手に評論してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「朝霧JAM」

朝霧

2002年のフジロックフェスティバルでのこと。ごはんやさんのテントが立ち並ぶ中、朝霧食堂と書かれたテントが目に入った。最初は、何も知らなかった。その年は、私が初めてフジロックに参加した年。そのテントには、かわいげなTシャツが売っていて、Tシャツ欲しさに近づいた私。そこには、「Camp in 朝霧Jam It's a beautiful day2002年9/28sat.~29sun. 会場:静岡・朝霧アリーナ」というタイトルとその出演アーティストがダンボールの切れ端にマジックで書かれていた。思わず「何コレッ!?」私は、声が出た。出演アーティストが豪華(邦、洋問わず)なのと、なんと言っても値段が安いのに、目は釘付け。(8,000円くらいだったと思う。年々、値上がりしてる…。)その頃、私が知っていた夏フェスと言えば、フジロックかサマソニいくらい。何だっ!?この良さげな朝霧ジャムというフェスはっ!!!!!?
フジロックから大阪に戻り、よくよく朝霧ジャムについて調べてみた。「Camp in 朝霧Jam/It's a beautiful day」その名の通り、キャンプなのだ。周辺に宿があるわけでもなく、もちろん風呂もない。本気でキャンプ。本気でアウトドア。交通手段も車で向かうしか方法がない。キャンプなんて、いつ以来だ?というか、したことあるのか?ましてや、テントの張り方なんて、知る由もない。1年の下準備期間を経て、2003年、朝霧ジャム初参加。こうして、私は、朝霧ジャムに参加し始めた。
朝霧ジャムは、静岡県富士宮市で2001年から開催されているフェス。会場の朝霧アリーナは、朝霧高原にあり、周辺にはオートキャンプ場もある。知るひとぞ知ると言う場所だ。本当に富士山の麓。あの綺麗な富士山が目の前にそびえたっている素敵な場所だ。
さて、本題。朝霧ジャムというフェスは、フジロックに比べてもかなり、アウトドア感が強い。ステージは2つ。メインステージのrainbow stageとDJブースがあるmoonshaine stage。ライブは、メインのrainbow stageで、DJ系はmoonshaine stageで。こっちは、レイブのようなのり。あとは、2つのキャンプサイト。1つは、メインステージの目の前。テントの中からでも、ステージが見える。もう一つは、2つのステージから少し離れたところにある。ここは、バーベキューをしたり、火を使うことが出来るし、夜中騒いでいても(常識な限り)大丈夫な場所。朝霧ジャムの魅力は、キャンプにある。もちろん、音楽を聞きに行っているのだけど、フジのようにタイムテーブルに追われるような必死さがない。雄大な富士山を前に、流れる時間もスロー。テントを張って、バーベキューして、お酒飲んで、ごろごろして、音楽聞いて…。うーん、天国。
辛いこともある。去年は、2日とも土砂降りで、夜中にテントが崩壊。ほぼ睡眠ゼロ。次の日は、テントの撤収に追われるという事態。でも、これも思い出。来年は完璧にやってやるとキャンプに対して、かなりの闘志を燃やす結果に…。
こうして、フェスにはまっていくというか、アウトドアにはまっていく。ただ、いろいろなアーティストが見たいとか、夏だから野外フェスに行こうとかだったら、もっと交通の便もよくて、宿泊施設も近くにあるところに行った方が楽だと思う。だけど、どろどろになっても、雨に打たれても、寝れなくても、朝霧ジャムはすごく魅力的だ。(実は、ただ単にキャンプが好きなだけかもしれないが…。)それは、圧倒的な大自然。夜は、自分たちの光以外、真っ暗。満天の星。富士山を照らす朝陽。緑のにおい。開放感。現実逃避。
どろどろになって、泣いて笑って、苦楽を共にし、尚もビールを飲み続け、踊りまくるというのが好きな人。是非、私と一緒に朝霧ジャムへ行こうっ!もう、毎年、夏が待ち遠しくて、たまらなくなるよっ!
2005/5/29 スパイラル
スポンサーサイト
  1. 2005/05/29(日) 21:57:34|
  2. makikoro_others
  3. | コメント:0

「FUJI ROCK FESTIVAL」

フジロック

大自然と太陽の下で、音楽を聴き、ビールを飲み、踊り狂う。FUJI ROCK FESTIVAL。1997年に富士山ろく天神山で開催されてから今年で9回目となる。FUJIというので、毎年富士山ろくかと思われるが、3回目からは、新潟の苗場スキー場が会場である。
今年は、7月29日(金)30日(土)31(日)。

FUJI ROCK FESTIVAL(以下FUJI)の魅力は、まず、出演アーティストの幅が広い(会場も広い)。ROCKとつくのでジャンルはロックのみかと思われるかもしれないが、J-POPからJAZZまで、何でも来いという感じだ。主なステージは、GREEN STAGE、WHITE STAGE、RED MARQUEE、FIELD OF HEAVEN、ORANGE COURT。他にもGYPSY AVALON、ROOKIE A GO GO、山の上にもレイヴのような会場があるが、特にこの5つを紹介。メインステージは、GREEN STAGE。ここでは、メジャーどころのアーティストが出演する。一番広いステージで、後ろの方では、タープやテントも張れるようになっている。大人数でFUJIに参加するとき、ここにそれらを張って、ベース(みんなの共通の集合場所)とすると便利。WHITE STAGEもGREEN STAGE同様、メジャーどころのアーティストが出演する。規模はGREEN STAGEより小さい。個人的には、WHITE STAGEの出演アーティストの方が好みである。(一捻りあるアーティストのチョイスかと…。)RED MARQUEEは、今時の新鋭アーティストの出演が多いように思われる。夜はDJタイムになり、朝まで踊るならココだ。FIELD OF HEAVENは、オーガニックな感じ。ゆったりした感じの音楽が多い。ORANGE COURTは、JAZZやWORLDっぽい音楽。私は、大概、このORANGE COURTとFIELD OF HEAVENにいる。この5つのステージをほぼ同時進行で別々のアーティストが出演する。一番入場ゲートから近いRED MARQUEEから、一番奥のORANGE COURTまでは、徒歩約30分かかる。これをタイムテーブルを見ながら、お目当てのアーティストを見るためにひたすら動き回るのだ。もちろん、見たいアーティストが重なることも多々ある。移動時間も頭に入れて置かなければならない。いつも綿密に計画をたてるが、計画通りにいったためしはない。自分がチェックしていないアーティストをたまたま見て「なかなかいい」と思い、ついつい見続けてしまったり、疲れて(呑み過ぎて)休憩をとってしまったりするのである。しかし、この“たまたま見たアーティスト”というのがすごく良かったりするので、かなり得した気分になれる。ちなみに、行動は常に一人になってしまうことが多い。これだけ会場も出演アーティストも多ければ仕方がないが、友人と一緒に見ていても、一度はぐれたら、なかなか合流できない。携帯電話も、山の中ということと、混線とで使い物にならない。だから、偶然、友人と出会うと、これまた嬉しいものなのである。とりあえず、アーティストをより多く見たければ、要領よく動かなければならない。何より体力がものを言う。

ここまで、聞いたら疲れて大変だと思う人もいるかもしれない。が、しかし周りは緑がいっぱい、大自然のど真ん中。気持ちが良いってもんじゃない。好きな音楽をBGMに自然の中にいることができる。木陰で昼寝をしたり、ビールを飲んだり。小川で水遊びをしたり、休憩したり。ゴンドラで山頂まで行って、走り回ったり、踊ったり。
私は、元々アウトドアが嫌いだった。しかし、FUJIのおかげで自然の中で遊ぶのがどれだけ気持ちよくて楽しいものなのか分かった。夏は開放的な気分になると言うが、まさにそれである。FUJIは開放的な気分になれる。自然にも人にも優しくなれる。みんな優しい。これは、みんなのベクトルの方向が同じだからだと思う。みんな、心底FUJIが好きなのである。音楽好きの人には、是非、FUJIへ足を運んでいただきたい。満足すること間違いなし。一種の中毒性もある。
私はこうして、今年もFUJIへ行く。
2005/3/29 スパイラル
  1. 2005/03/29(火) 21:56:35|
  2. makikoro_others
  3. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。